理想通りのぱっちり二重に変身する方法|ドールアイが魅力的

二重まぶた整形でより美しくなろう

まぶたにのしかかる脂肪

目元

メイクによる努力

日本人と欧米人とでは、根本的な顔の作りが異なっています。日本人に一重が多いのに対し、欧米人はまるでお人形のようなぱっちり二重が多くいるでしょう。どちらが美しいかというのは個人の好みになりますが、隣の芝生は青いというのか、日本人女性の多くが二重に憧れている傾向にあります。
女性の印象を明るく変えるメイクは、自分の外見コンプレックスを消しながらいいところを伸ばす効果をもたらすでしょう。一重や奥二重に悩んでいる人の中には、自身の目をぱっちりとした二重にする為にもファイバー状のアイテープを用いて二重にする人も少なくありません。アイコスメは年々進化していて、皮膚に付けるときにアイプチ用のグルーを塗布して二重を作ることによって、まぶたを閉じてもアイテープが目立ちにくいほどまでになりました。アイテープがあれば、二重は誰にでも簡単に作れるものですが、メイク時間と費用がかかってしまうものです。また、メイクを落としてしまえばたちまち元の一重に戻ってしまうので、根本的に外見コンプレックスが解消されたわけではありません。その為、美容外科にて二重整形を受ける女性が増えてきています。
美容外科にて受ける二重整形には、大きく分けて切開法と埋没法があります。肥満になってしまったことでまぶたに重く脂肪がのしかかって一重になっている人は、迷わず切開法を選ぶといいでしょう。ダイエットによってまぶただけの脂肪を燃焼させることは困難なものです。

切開法の魅力

二重整形の一つ、切開法は直接まぶたに細い管を通す為の針をさし、先にのしかかっている脂肪をどんどん取り除いていきます。人の脂肪の中には、脂肪を生成する為の脂肪細胞も含まれているので、脂肪ごと取り除くことによって再度一重になることは考えにくいものです。まぶたの脂肪は、他の部位にある脂肪と比較して柔らかいことが特徴的で、管から簡単に取り除ける為に施術を受ける女性に大きな負担がかかることはありません。脂肪が取り除かれてスッキリしたところで、女性が希望する二重ラインにあわせてまぶたを切開するので、幅の広い二重に仕上げられるのも切開法の魅力です。
全くメスを用いることのない埋没法だと、脂肪を取り除くこともできないので重たく脂肪がのしかかっている人には不向きな施術だと言えるでしょう。欧米人のように目鼻立ちがはっきりとした目元にする為には切開法を選びましょう。

リバウンドの心配なし

ダイエットに挑戦したことがある人の中には、リバウンドを経験したことがある人もいるでしょう。食事制限によるダイエットだと、通常の食生活に戻ることによって吸収率が高まり、ダイエット前よりも体重増加することもあります。しかし、切開法のように脂肪をそのパーツから取り除くことによってリバウンドの心配が一切なくなります。費用をかけてせっかく二重にしても、元の一重に戻ってしまっては二重整形の意味を成さないでしょう。
数ある二重整形の中でも切開法に至っては、半永久的な二重効果を期待できると言ってもいいほどです。しかし、脂肪を大量に取り除きすぎても逆にくぼんでしまって目の形に変化が生じてしまいます。ある程度、目にはふっくらとしたふくらみがある方がよりナチュラルな仕上がりになるので、取り除く脂肪量については担当医としっかり相談して決めましょう。

初心者にも最適な施術

相談

特殊な糸で留めるだけの二重整形、埋没法はメスが怖くて用いたくないという人や施術が初めてだという人に最適なものです。仮に、仕上がりに納得がいかずとも抜糸すると元の目元に戻せるので、自分に似合う二重幅探しにも適すると言えます。

詳細

コンプレックスを解消

鏡を見る人

二重の人で施術のトラブルを未然に防ぎたいと考えているなら自分の条件に合ったクリニックを選ぶようにしましょう。サイトでは色々な情報が紹介されているので要望に適したところを見つけることができます。

詳細

ダウンタイムを過ごす

婦人

二重の手術を行なうとダウンタイムがあります。ダウンタイムの最中に外出などを行なうと皮膚が完治するまでの時間がかかってしまうだけでなく、菌が入ってしまう可能性があるので安静にすることが重要になってきます。

詳細